スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3月13日成城統一教会礼拝「全国合同礼拝」

2011年3月13日の礼拝は、東北大震災の直後、総会長の「全国合同礼拝」でした。

成城教会では、旧約聖書「ヨナ書」を読み上げました。
3:1 時に主の言葉は再びヨナに臨んで言った、
3:2「立って、あの大きな町ニネベに行き、あなたに命じる言葉をこれに伝えよ」。
3:3 そこでヨナは主の言葉に従い、立って、ニネベに行った。ニネベは非常に大きな町であって、これを行きめぐるには、三日を要するほどであった。
3:4 ヨナはその町にはいり、初め一日路を行きめぐって呼ばわり、「四十日を経たらニネベは滅びる」と言った。
3:5 そこでニネベの人々は神を信じ、断食をふれ、大きい者から小さい者まで荒布を着た。
3:6 このうわさがニネベの王に達すると、彼はその王座から立ち上がり、朝服を脱ぎ、荒布をまとい、灰の中に座した。
3:7 また王とその大臣の布告をもって、ニネベ中にふれさせて言った、「人も獣も牛も羊もみな、何をも味わってはならない。物を食い、水を飲んではならない。
3:8 人も獣も荒布をまとい、ひたすら神に呼ばわり、おのおのその悪い道およびその手にある強暴を離れよ。
3:9 あるいは神はみ心をかえ、その激しい怒りをやめて、われわれを滅ぼされないかもしれない。だれがそれを知るだろう」。
3:10 神は彼らのなすところ、その悪い道を離れたのを見られ、彼らの上に下そうと言われた災を思いかえして、これをおやめになった。

1.大変な震災を受けた方々へのお見舞えとお悔やみの祈りを捧げました。
2.福島原発の問題がいち早く良き方向に収集されますよう祈ります。
3.この国難を皆が力を合わせて乗り越えることができますように祈ります。
4.これ以上の震災が起こらないように、3日間の断食条件を捧げて参ります。
スポンサーサイト
[ 2011/04/20 22:15 ] 仏教の世界 | TB(0) | CM(0)

5月23日の礼拝案内

いつも、このブログを訪ねてくださる方々に感謝を捧ぐ。

明日(5月22日)の礼拝は、
静岡県で「聖火式」があるため、成城教会での礼拝は行いません。
代わりに、月曜礼拝には10時半から あります。
神様の愛と恩寵が、皆様に共にありますよう祈ります。

宜しくお願いします。                    -成城教会-
[ 2010/05/22 18:01 ] 仏教の世界 | TB(0) | CM(0)

もし、百年を生きるとしても

法句経からの吟味してみる覚のみ言である。

「もし、百年を生きるとしても
 行動が悪く、心が乱れていれば
 心の静さをもって、徳を行いながら
 一日を生きることより劣る」

「もし、百年を生きるとしても
 心が愚かで、乱れていれば、
 智慧深くて心の静かさを持っている人が
 ただ、一日を生きることに及べない」

 毎日、カバンの中から手に入れる小さい「真理のみ言-法句経」を開いて読む。
 自分の心を正してくれる。8大教本の世界経典Ⅱには仏教のみ言が2番目で多い。
                             -成城教会 拝-


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
[ 2010/05/20 09:31 ] 仏教の世界 | TB(0) | CM(0)

「言葉の働き」

法句経からの一遍である。

「要らない言葉を編んで、並べる一千の言葉より、
 聞けば心が落ち着く一言がもっとも素晴らしい言葉である」。

我々は日々、多くことをしゃべる。その喋りは、意味なき呟きもあり、
唾のように心の汚れを出すこともあるし、
場合によっては、憎しみや怨みことを出す場合にも、
人と人との間を絡ます場合にもある。

ゆえに、言葉に慎もう。
その以前、気持ちと心が言葉になるので、考えを優しくしよう。
                             -成城教会 深海拝- 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
[ 2010/05/15 14:38 ] 仏教の世界 | TB(0) | CM(0)

「真実に至る道!」

手元にある、法句経の中からである。

「真実を偽りと考え、偽りを真実と考える人は
この間違った考えのゆえに、最後には真実に至ることができない」

「真実が真実であることを知って、真実でないことを見分ければ
このような人はその正しい考えのゆえに、ついに真実に至ることができる」。

我々は日々、多くの話し、情報、説、理論の中で囲まれて生きている。
どちらかを取るようになる。如何に、真実と歪んだ事実、真実のようで真実ではないことを
見分けることができるだろうか。

その人の動機や目的がどこにあるのか、
その人の顔を見つめ、邪心のない顔か、欲の入った顔かを見つめる必要がある。
声を聞き、謙虚な声か、自分の存在を高め、認めてもらおうとする声かを注意深く観察すれば分かる。

真実は元気と冨とつきを希望と幸福を呼ぶのである。
真実は澄んだ水のように、心の鏡である。照らされる基準になる。
                                 -成城教会 拝-


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
[ 2010/04/23 14:51 ] 仏教の世界 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。