スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「幸福の科学」の理解

幸福の科学の理解のため、HPから引用してみます。

【基本教義】
正しき心の探究と四正道(よんしょうどう)

愛・知・反省・発展

・正しき心の探究
人間は仏より永遠の生命を与えられ、この世とあの世を転生輪廻しながら、霊的な向上を目指している存在です。人間の本質は「心」であり、死後、あの世に持って還れるものは、「心」しかありませんし、今世の人生の幸・不幸も、心のあり方によります。ゆえに幸福の科学では、「心」を磨き高めることを修行の中心にすえ、「正しき心の探究」を修行の目標としています。この「正しき心の探究」の具体的修行課題として、「現代の四正道」と呼ばれる幸福の原理、「愛・知・反省・発展」が説かれています。


・愛の原理
「人を愛しなさい」という教えです。世の中には、「愛は人からもらうもの」「誰かが自分を幸福にしてくれるもの」と誤解している人が大勢いて、「もっと自分を愛してほしい」「人々の評価や賞賛がほしい」と思いながら満たされずに苦しんでいます。しかし、これは、本当の愛ではありません。「奪う愛」であり、執着なのです。

本当の愛は、見返りを求めず人に与えることです。人を愛することです。「自分が何をしてもらえるか」ではなく、「自分が何をしてあげられるか」を考えることです。この「与える愛」こそが、幸福の出発点です。人を愛したとき、その瞬間に仏から光が注がれ、仏に近づくことができます。それが仏の子である人間にとっての本当の幸福なのです。


・知の原理
仏法真理の知識を学び、仏の心を知るということです。「知は力なり」と言われる通り、「人間は仏から永遠の生命を与えられた霊的な存在である」「愛とは与えるものである」「苦難・困難は魂を磨く砥石である」といった仏法真理を知るだけでも、悩みや苦しみに対する考え方が変わり、幸福への第一歩を踏み出すことができます。さらに、知識として学んだ仏法真理を、家庭や職場で実践し、経験を通した「智慧」に変えていくことで、私たちは人生の悩みを解決し、本当の自由を手にすることができるのです。

また、幸福の科学は、「人々を幸福にするものなら、世の中の新しい知識や技術も積極的に取り入れていく」という開かれた宗教であり、読書や勉強によって教養を深めることも奨励されています。


・反省の原理
幸福な人生を送るためには、反省が必要です。私たち人間は、地上に生まれた以上、さまざまな間違いを犯すことを避けられません。しかし、怒りや怨み、嫉みなど、誤った思いを発しやすい心で生きると、同じ傾向性の悪霊に憑依され、不幸な人生を送ることになります。そして、そのままあの世に還れば、自分の傾向性と同通する暗い世界、すなわち地獄に堕ちてしまうのです。

仏法真理を知り、この世で反省できる人は幸いです。仏法真理に照らして、日々、自分の心を点検し、「自分は間違っていた。今後は同じ間違いをするまい」と修正していけば、心が浄化されて人生が好転し、死後、天国に還ることができるのです(幸福の科学では、八正道をはじめとする具体的な反省法を教えています)。


・発展の原理
発展とは、自分も他の人々も、ともに幸福になっていこうという気持ちです。私たちは、自分の魂を向上させるという目的だけでなく、「地上にユートピアを建設する」という尊い使命を持って生まれてくるのです。

仏法真理を学び、実践することによって自分が幸福になったら、それを自分一人だけの幸福で終わらせるのではなく、まわりの人々に広げていくことです。多くの人々と喜びを共有することで、魂の幸福感はいっそう強くなります。家庭へ、職場へ、地域社会へ――仏法真理を伝え、愛の輪を広げ続けるならば、地上は幸福な人々に満ちた世界、ユートピアになるのです。
                                         

                                         -成城教会長拝-

ランキングに参加中!
  One Click!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/11/03 16:27 ] 日本の宗教 | TB(0) | CM(0)

天理市、天理教会訪問

久々の更新です。訪問して下さる方々に感謝致します。

前週、奈良県天理市の天理教会に行って来ました。

朝の5時30分、礼拝があって3千人も超える信者さんたちが、

静かに、一気に集まって来ました。

神主さんたちが入るときは、ひれ伏して最大の礼で迎える雰囲気は、

謙虚そのものでした。歌にあわせて簡単に手の踊りをしました。

30分位で終わったら、まるで引き潮のように帰りました。

「素直であること、感謝をもつこと、努力をおこたりないこと、

他宗教を裁かない、人が捨てたゴミをその人に負債にならないように拾ってゆく」


教祖、中山みき様は生涯11回も投獄され(家族までも)ながらも、

信仰を貫き、今日の天理市まで築き上げたのである。

感銘深く、頭が下がる時間でした。
                            -成城統一教会長拝-



ランキング参加中!
  One Click!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
[ 2009/09/02 10:40 ] 日本の宗教 | TB(0) | CM(0)

幸福の科学への理解

最近、幸福の科学が頑張っておる。幸福実現党の活動も新鮮に展開している。
以下は、簡単な要旨である。


大川隆法が1986年10月6日に仏法真理の流布のために設立。
教祖(大川隆法)の出身地である四国・徳島は「聖地」とされ、アフロディーテ会会長(大川きょう子)の出身地である秋田は準聖地とされ、秋田・田沢湖正心館や文殊館が建立されている。

基本教義は、「正しき心の探究」と、その具体的展開としての「幸福の原理」である。
その中心の教えは「愛」と「悟り」と「ユートピア建設」という言葉で表すことができる。
「愛」とは「与える愛」であり、仏教の「慈悲」と「布施」の精神を根拠としている。
「悟り」とは「仏性の顕現」であり、霊界の多次元構造で説明している。
「ユートピア建設」とは、仏陀(大川隆法)の考えた理想社会、
仏法を学ぶ人たちのつくる平和な社会を理想とするものである。  
「愛」と「悟り」は、書籍「太陽の法」で示された通り、「愛の発展段階説」によって繋がっている。
そして、東西両文明を融合して、地球規模の理想郷を建設するための精神的主柱となる。
こうして、「愛」と「悟り」と「ユートピア建設」が一体となり、仏神の理想が実現されるのである。


儒教の修身済家治国平天下思想や、
統一原理の個性完成、家庭完成、万物主管完成(地上天国建設)と類似点があるように
見えます。宗教の目指す理想は、殆ど一致しています。
いつか、接点があって、平和理想世界建設に共に進んで行ければ・・・!
                            -成城教会長拝-


ランキング参加中!One Click!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
[ 2009/08/07 01:57 ] 日本の宗教 | TB(0) | CM(0)

お通夜での不思議なこと!

今日は夕方、ある信者さんの義父の御通夜が環八沿いの式場であった。

享年87歳、後1ヶ月で米寿になるはずだった。
早稲田卒で、楽器演奏団生活をしてこられ、始まる前は仲間の方たちから
美しい旋律の演奏があった。故人は、戦争にも参加され、4人の仲間の中で唯一生存、
英語が好きで、日本人の若者にも英語で話しかけたそうだ。世界31ヶ国も回った方であった。
入り口には、故人の一代記の写真が画像が大型テレビ画面からながれる。
素晴らしい生き方であった。心からの冥福を祈った。

ところで、内容を良く分からない念仏の長さに、始めは居眠った。申し訳ない。
後からは、住職さんのために祈った。

”感動的な念仏になりますように!
会場の皆が、何かを深く感動を受けますように!”

少し、不思議なこと!
最初に喪主家族に一礼をし、その次に故人の前に礼を供え、
後に、もう一回家族に挨拶、次には後ろに回って、会場の参加者にも挨拶をする!
最初の人が、そのようにしたのでか分かりませんが、
何か不自然な気がした。

故人の冥福を祈るのが一番重要で、その次が家族を慰労することであろう。
参加者が参加者に向けて挨拶をする必要もあるだろうか?

今回の葬式は、音楽葬であるそう!
とっても明るい雰囲気で印象に残るそうだ。
故人=川島新一様の冥福を祈る!!    
                          -成城教会長拝-

                           
ランキングに参加中!OneClick!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
[ 2009/08/06 00:13 ] 日本の宗教 | TB(0) | CM(0)

「実践倫理宏正会」

.スローガン
通常、国旗(日の丸)と共に「朝起会」の会場正面(演壇の背後)、講演会等の壇上背後に垂れ幕として以下のスローガンが掲げられている。
• 朝起きは、お国を興す第一歩
• 子供の善導は親の倫理実践から
「朝起きは…」のスローガンは、戦後復興の第一歩は「朝起会」から始まる日々が重要であるとの初代会長の思想を表したものであり、第二次大戦の傷跡が癒えた後は、倫理的に退廃した民心を復興するとの意図が示されている。「子供の…」には、初代会長が青少年の健全育成を最も重要な役割に据えてこの会を発足した、との認識が示されたものである。
2. 朝の誓
5つの項目があり、初代会長上廣哲彦が会の根本理念を示したもの。
• 今日一日 三つの恩を忘れず 喜んで進んではたらきます
• 今日一日 人の悪をいわず 己の善を語りません
• 今日一日 気付いたことは 身がるに直ぐ行います
• 今日一日 腹を立てず 不足の思いをいたしません
• 今日一日 三つの無駄を排し 新しく大地に生き貫きます
日本古来から伝わる生活思想、いわゆる「徳目」に属した事柄であり、事改めて珍しいものはないが、これを毎日「朝起会」で唱和し、「今日一日」新たな心で決意し、誓いを実践する事が重要とされている。
※ 三つの恩:親の恩・師の恩・社会の恩
※ 三つの無駄:物の無駄・時の無駄・心の無駄
[ 2009/05/11 16:48 ] 日本の宗教 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。