スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

韓国仏教トップが統一教本部教会を訪問

日本では、統一教会通うと言えば、何か足りない人間のように思われる社会情緒があるが、韓国では幅広く受け入れられている様子だ。先日、2010年6月11日に、韓国仏教の最大宗派である、「曹渓宗のトップである、総務院長ご一行」が、統一教の世界本部教会を訪れた。文亨進世界会長は、8日間の断食修行の路程中で、この日は5日目であった。現在の統一教世界会長がどれほど、宗教間の和合をはかっているのかを表す端的な場面であろう。


w
「統一教本部教会で曹渓宗の総務院長(宗派の第一人者)迎える、文亨進世界会長」

e
「玄関ロービで四大聖人のお写真が飾っている精誠室を案内する、文亨進世界会長」

q
「世界本部教会の礼拝堂で、韓国仏教最大派ののトップご一行と写真を撮る」
 
                 -韓国の統一教HPから、成城CH長 許-

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/06/19 22:01 ] 宗教間の和合 | TB(0) | CM(0)

平和を愛する文鮮明先生!

お互いを認め合い助け合って生きる――これが宇宙の真理です。
取るに足りない動物もそのことを知っています。
犬と猫は仲が悪いと言われていますが、一つの家で一緒に育ててみると、
お互いの子を抱きかかえ合って親しくなります。

植物を見ても分かることです。
木に絡まって上に伸びていく葛(くず)は、木の幹に寄り掛かって育ちます。
だからといって、木が「おまえはなぜ私に巻き付いて上がっていくのか」と葛を責めたりはしません。
お互いに為(ため)に生きながら共に生きることが、まさに宇宙の原理です。
この原理を離れれば必ず滅亡するようになります。

今のように民族どうし、宗教どうしが相互に罵り合って、争うことが続くとすれば、
人類に未来はありません。絶え間のないテロと戦争によって、
ある日、吹けば飛ぶ埃(ほこり)のように消滅してしまうでしょう。

しかし、希望が全くないのではありません。もちろん希望はあるのです。(試読版3頁)


-自叙伝 「平和を愛する世界人として」第1章 ご飯が愛である―幼少時代
 *父の背におぶさって学んだ平和


ランキング参加中!
  Oen Click!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村


[ 2009/08/23 00:09 ] 宗教間の和合 | TB(0) | CM(0)

真如苑からのある信者さん!

成城統一教会の信者さんに80代の方がおられる。

元真如苑の信仰をもっていらっしゃった方で、
21年間も朝の掃除奉仕をされたそうだ。

大般涅槃経を熱心にお経を唱えてきて、
統一原理に出会い、目から鱗が落ちたと言われる。

手の垢がついた手書きの大般涅槃経は、今も愛着がいく。
親しい人にコーピして渡しておられる。

私はこの方のゆえ、真如苑を尊敬している。

個人の心の修養の次元の宗教、家庭倫理を重んじる宗教、
神とも交流、死後の天国を強調する宗教もいる。

統一教会は、個人の心身修養と通して、家庭の倫理規範を守り、
家庭天国を成して、それを国家・世界へ拡大して、地上天国を建設しようとする宗教である。

自分が弱くて頼る、弱者の避難所のような所ではないのだ。
今はすべてが通じ合う時代だ。

ある面、仏教もキリスト教も儒教もないのだ。
言うまでもなく統一教会もないのだ。
どの哲学も誰々の思想もないのだ。
全てが、大洋と限りなく繋がっている宇宙の空間の中にいる、
密接な関連性をもつ、繋がりだ。


ランキングに参加中!One Click、どうぞ!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
[ 2009/07/30 21:51 ] 宗教間の和合 | TB(0) | CM(0)

宗教の肯定的役割

多くの方々が、拙いブログを愛して下さることに感謝を禁じ得ません。

人の知識や研究を写すことは、創造的ではないので、極力慎しむのであります。

統一教(会)の一人の修行者として、自分なりに信者達と接しながら、感じることを書いて見る。

世間の厳しい認識があるが、統一教会は確かに宗教であります。その教えは、儒教・仏教・キリスト教の根本を貫き、宗教の究極の理想を成そうとするところにあります。

信者さんと接しながら、よく感じるのは、親・祖父母の宗教的祈り、慈善、善行があったがゆえ、
後孫が他の宗教に帰依することであります。宗教で信仰を立てた先祖の後孫は、理解心が深く忍耐も強く思慮深いのであります。宗教は商売ではないので、直ぐ、利益が戻って来るわけではありませんが、せめてでも善の種はしっかりまかれたことであります。

宗教人は奉仕を沢山します。赦しと愛するための祈りもします。
この時代、神を信じ、愛を叫ぶ宗教人たちは、社会・国民の前に、もっと謙虚な姿で近づくべきではないでしょうか?
                                -成城教会長拝-


nn
「座禅を組もう!呼吸を整えよう!宇宙を感じよう!自分が宇宙になり、宇宙が自分になるのである!」
[ 2009/07/24 21:41 ] 宗教間の和合 | TB(0) | CM(0)

お経を唱える各宗教の類似点!

この世には、数多くの本と教えがある。
歴史の中で、生き残ったのが古典であるし、
その古典の中でもっとも、価値あるのが仏教のお経、キリスト教の聖書、
儒教の四書三経などの、経典である。

ゆえに、各宗教では、この経典を真理といい、暗記する位に読み続けてきた。

経典を読むことによって無知から解放され、真理の世界へ導かれるのである。

仏教は般若心経などを熱心に読み上げる、すると先祖が供養される。
繰り返しで、呪文のように読み上げ続ける。
すると元気になる、家庭が良くなる、事業が良くなるなどの証しが多い。

キリスト教でも聖書を良く読む。聖書を沢山読むことによって、神の愛に接し、
道の力を得るのである。

儒教でも、昔は、孔子・孟子の教えの丸ごとに暗記させた。

統一教会でも、同じく、聖書や諸宗教の経典、原理講論、文師のみ言を訓読する。

このように、経典を朗読して、読むと邪心の世界が弱まり、
心が清くなり、本心の力が強くなるのである。各教祖の教えの根本である、
慈悲・仁・愛の世界に近づくようになる。

このように宗教は皆、共通している面が多い。宗教人同士に協力し合うことが必要な時である。

-成城教会長拝-




[ 2009/05/15 14:48 ] 宗教間の和合 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。