スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「成城の真意!」

成城統一教会は、1996年地域住民たちの反対で、
成城地域から引越されざるを得なかった。
ネットにはその時にの状況の写真や状況が良く残っている。

聞いた話によると、小田急成城学園駅工事でも、地域住民の反対で、
一階に線路を引くことをできず、地下に下ろしたそうだ。

成城という名前は、成城学園からとった名前である。
中国の「詩経」に「哲夫成城」という単語が出てくる。
「しっかりした男(大人)になり、一つの城を築く」と意味!
今なら、立派な大人になり、社会・国に役立つ人になりなさいと理解できるだろう。

成城地域住民反対事件の後、その当時強く反対を主動した、
人は病気でなくなり、助けたある国会議員も刃物で刺され亡くなったそうだ。

成城生まれ育ちのある青年に行くと、
地域情緒は異常くらいにプライドが高いそうだ。
人がプライドが高すぎて威勢的であると、周りの人が嫌な感情を抱くようになる。
強いので言葉では言えないかも知れないが、嫌な感情が積もり波動なる。
その波動は、少しずつ波になり波紋を広げるようになる。
すると、その人は健康が悪くなったり、何か良くない事が起こるのである。

成城統一教会には、今も14年前の反対された当事者が沢山いるが、
地域住民の威勢的反対は、あんまりにも異常だったそうだ。
自由民主社会であり得ないことであった。

本当の意味でのくらいの高い人、位高い地域であるならば、、
人徳・人への寛容・国と歴史を愛する心、
地価よりは精神的価値を重んじる価値観に重きを置くべきではなかろうか?

物質的価値観は、時間の経過と共に流れて行くのだからだ。
                                ー成城教会長 拝ー


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/04/14 18:59 ] 本質を見る | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seijoch.blog34.fc2.com/tb.php/103-3f8ad07a









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。