スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

統一教会の説教

6月27日の成城教会の説教は、「真の父母絶対主義」で語りました。
6月12日の文亨進世界会長のメッセージを訓読して、真の御父母様の価値を原理的観点で述べました。

歴史最高のベストセラーと言える、聖書には多くの疑問があります。
1.善悪の知る木の実は何なのか。
2.兄エサウを2度も騙して、父アサクから祝福を受けた、ヤコブを神は何故祝福し、勝利者と名づけイスラエル民族の先祖として立てたのか。
3.どうして、舅ユダと関係した不正な嫁ダマルから、ゼラとベレツが生まれ、イエスの祖先になるのか。
4.タビデ王は部下の妻-バテシバを奪い、彼女からソロモンを産む。どうして、こういう記録が聖書に残っているのか。
5.聖母マリアは本当に、聖霊によって身ごもったのであろうか。父の種なしに人間の命が生まれることがあり得るだろうか。

聖書を深く読む人なら、こういう記録に、人倫道徳次元でつまづき、信じ難くなります。原理はこういう疑問にスッキリ結論を出してくれます。真の父母様は、こういう誰もが解けなかった聖書の秘密を解いてくださいました。
歴史の中で、最高の神の智慧と能力を持って生まれ、誰もが行けない真理探究の道を歩まれ、歴史の謎を解く統一原理を究明されたわけです。

統一原理は、人生・宇宙・歴史・宗教の矛盾等の悩みをスッキリ解決してくれます。70年代から、学問の世界では「比較○○学」が流行って来ました。政治も文化も宗教も比較されて、優劣が分かるようになっています。統一教において、原理の偉大さを判るためには、聖書への理解が当然必要です。さらに、文化史的観点でのイスラエル民族史、西洋史の理解も当然必要です。ここには、残念ですけれど、キリスト教罪悪史も知る必要があります。先進諸国は、植民地開拓の名分で多くの原住民を殺しました。歴史や聖書の難解な所を知れば知るほど、原理の真理性が高まります。

真の父母様は偉大な哲学者であり、神学者であり、思想家であり、預言者であり、歴史家であり、科学者でもあられます。そういう面で、原理は矛盾がありません。原理を知れば知るほど、御父母様の偉大性に気づくでしょう。真の父母様は人間完成の標本であり、家庭完成のモデルであり、万国の平和の王であられます。真の父母様はこの時代の中心であります。もはや、西暦時代が終わりつつ、すでに天暦(陰暦中心)時代が始まっています。

賢い食口になりましょう。学識の深い信者の多い優秀な宗団は必ず発展します。諸学問にも深く関心を持ち、原理を裏つけることができるように、どういう人と論争しても負けないように理念武装を徹底して行きましょう。
                                     -成城教会長 拝-


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/06/29 19:21 ] 礼拝説教 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seijoch.blog34.fc2.com/tb.php/115-0b010a01









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。