スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宗教の肯定的役割

多くの方々が、拙いブログを愛して下さることに感謝を禁じ得ません。

人の知識や研究を写すことは、創造的ではないので、極力慎しむのであります。

統一教(会)の一人の修行者として、自分なりに信者達と接しながら、感じることを書いて見る。

世間の厳しい認識があるが、統一教会は確かに宗教であります。その教えは、儒教・仏教・キリスト教の根本を貫き、宗教の究極の理想を成そうとするところにあります。

信者さんと接しながら、よく感じるのは、親・祖父母の宗教的祈り、慈善、善行があったがゆえ、
後孫が他の宗教に帰依することであります。宗教で信仰を立てた先祖の後孫は、理解心が深く忍耐も強く思慮深いのであります。宗教は商売ではないので、直ぐ、利益が戻って来るわけではありませんが、せめてでも善の種はしっかりまかれたことであります。

宗教人は奉仕を沢山します。赦しと愛するための祈りもします。
この時代、神を信じ、愛を叫ぶ宗教人たちは、社会・国民の前に、もっと謙虚な姿で近づくべきではないでしょうか?
                                -成城教会長拝-


nn
「座禅を組もう!呼吸を整えよう!宇宙を感じよう!自分が宇宙になり、宇宙が自分になるのである!」
スポンサーサイト
[ 2009/07/24 21:41 ] 宗教間の和合 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seijoch.blog34.fc2.com/tb.php/12-af729721









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。