スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

10/10/03、成城統一教会説教、「信じて探される一人の存在!」

2010年10月3日、成城統一教会礼拝。「信じて探される一人の存在!」

・ 本文のみ言「天一国のみ旨の道:み旨の道」
・ 天倫に符合されないどんな習慣でも諦めることができなければならないし、もし皆が「悪いやつ!」と悪く言われ捨てられたとしても、ゴルゴタの道を一人で行かれたイエスと同じく、皆さんは命を懸けて神様のみ旨の道を行く息子娘にならないといけない。(2-218)
・ 天の息子娘になりたければ、天の息子娘になろうとする心を持ったのであれば、天の悲しみの中にいる人類の代わりに神様と人類を悲しみから解放させることのできる先覚者として進み行かなければならない。(6-255)
・ 誰でも自分を中心としてみ旨に接してはいけない。み旨の道に入って、何もせずにいれば、み旨の道を防ぐ結果になる。自分の家庭と氏族を救わなければならない。(19-312)
・ 今まで歴史の中で、悟りの道を行った人たちが闘って来たこと、犠牲の代価を払って来たことは、私たちの体と心を一つにさせるための闘いであった。(51-65)
・ 真(しん)なる人生の行く道は、家庭を愛することより、国を愛しなければならないし、国を愛することより世界を愛さなければならないし、世界を愛することより、神様を愛さなければならない道である。(69-22)
・ 皆さんがみ旨を中心として歩むに置いて、個人的に執拗につきまとうサタンを屈服させなければならない。また、家庭的、氏族的、民族的、国家的にも一番執拗につきまとうサタンを屈服させなければならない。(76-338)
・ 人間として一生の間生きながら残すことがあれば、原理の道でみ旨の通りに生きたという事実である。次には、いい後孫を残して逝くことである。その次には、後孫たちを出世できるように世界の人材として育てること、教育させることである。そのような3大責任があるということを知らなければならない。(101-202)
・ いくら話が上手で、やり方が上手で、能力があって環境を混乱させるとしても、そのような人は主流の立場に立つことができない。沈黙を守り、毎日毎日汗を流しながら、犠牲になる者を通してのみ、神様のみ旨が相続されて行くのである。(112-120)
・ み旨の道を行くに置いて、何処に行っても感謝し、何処に行っても従順しながら行かなければならない。(149-329)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/10/03 14:01 ] 礼拝説教 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seijoch.blog34.fc2.com/tb.php/125-fda5c5bf









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。