スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

4月10日成城統一教会説教、「記憶に残しておきたい一日」

2011年4月10日、成城統一教会礼拝説教、「記憶に残しておきたい一日!」

聖書:コリント人への第二の手紙11.23-27
「彼らはキリストの僕なのか。わたしは気が狂ったようになって言う、わたしは彼ら以上にそうである。苦労したことはもっと多く、投獄されたことももっと多く、むち打たれたことは、はるかにおびただしく、死に面したこともしばしばあった。ユダヤ人から四十に一つ足りないむちを受けたことが五度、ローマ人にむちで打たれたことが三度、石で打たれたことが一度、難船したことが三度、そして、一昼夜、海の上を漂ったこともある。幾たびも旅をし、川の難、盗賊の難、同国民の難、異邦人の難、都会の難、荒野の難、海上の難、にせ兄弟の難に会い、労し苦しみ、たびたび眠られぬ夜を過ごし、飢えかわき、しばしば食物がなく、寒さに凍え、裸でいたこともあった。」

「十分の一の由来説明」
・申命記14.22~28
・マラキ書4.10
「私の宮に食物のあるように、十分の一全部をわたしの倉に携えてきなさい。これをもってわたしを試み、わたしが天の窓を開いてあふるる恵みを、あなたがたに注ぐか否かを見なさいと、万軍の主は言われる。」


今日は「記憶に残しておきたい一日!」の題で申し上げたいと思います。私たちの長き人生において、今残っている覚えはどういうことでしょうか? 今日は、わたくし自身の体験も交えて、大体こういう事が我々の記憶に長らく残っているかなと思います。

1.親から愛された日、家族と楽しかった日
2.心の友と夜通しで想像の翼を広げ話ができた日
3.自分の限界を超えるために自分に挑戦した日
4.み言に出会って感動した日
5.神様、真の父母様の心情を身で実感した日
6.夫婦が夜を明かし深い会話ができた日
7.素晴らしいお天気や景色を見た日
8.断食で体の限界を超えて神秘な力を体験できた日
8.最善を尽くして充足感で満たされた日
9.暑さと寒さに耐え伝道任地を愛し、否定受けた時と日

人生の中で色んな体験、思い出が残るでしょうが、真理を実践し伝えて行く、伝道者におきましては、やはり、伝道任地に行って、殆ど歓迎してくれる人のいない中で、色々の冷遇を受けながらも、自分に負けずに、良き印象を与えながら歓迎されて行く瞬間瞬間は我々の人生・霊人体にもっとも長らく残る記憶になるでしょう!!




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/04/20 23:11 ] 礼拝説教 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seijoch.blog34.fc2.com/tb.php/147-84c43be9









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。