スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

11月27日、聖日礼拝説教「天が探しておられる勝利者!」

「神様のみ旨と世界-協会創立27周年記念の辞」
 1981年5月1日、韓国本部教会

「伝統をどのように立てて行くのかということです。それは極めて簡単なことです。ただ、み旨のために苦労しようとする、その人の後をついて行けば良いことです。誰よりも自分を犠牲にして教会を立てようとして、自分と家庭を犠牲にして統一世界の実現のために苦労し、そして誰がもっと心情的伝統の歴史に近いのかという事実を知るようになれば、統一教会には分派が生じることはありません。協会長だとしても自分を中心として考えれば偽物になってしまいます。
 
 皆さんの中で誰かが、一番末端の立場であっても、み旨のために夜も昼も祈祷し、血と汗を流しそこに血と汗の柱、或は犠牲の柱を立てようと身悶えしながら愛の精神を具現しようとする食口がいれば、その人が男性であれ女性であれ、天はその人を通して新しい歴史を繋いで行くということを知らなければなりません。統一教会は、そのような伝統の上に立っているのです。
 
 先生の息子・娘の中で、誰が先生の後継者になるのかという問題も、誰がみ旨のためにより犠牲にして、誰が孝誠の道理を尽くすのかにかかっているのです。全部が同じです。家庭でもそうであり、教会でもそうであり、全部そのような伝統に従って行かなければなりません。お金があり、権力があるとして誇るものがありません。もし、その人が大学教授の名声を持たず、学士や博士の名を持たなくても、‘天のお父様!’と祈祷するとき、神様の心中を泣かして差し上げることのできる心情的な感動を誰が持つことができたかが重要なことなのです。・・・
 
 微賤で名もなくても、その人の祈りの声が骨髄から染みてくる心情の爆発力を持ったとすれば、その人を中心として歴史は動いていくのです。今後の統一家はそのような方向で動くようになるのです。・・・
 
 心は神側について行こうとし、体はサタン側について行こうとします。それでは、心と体の戦いの中で、その戦いはいつ終わるかといえば、自分自身を苦労の道に投入する時に終わるようになります。良い道があるとする時には、皆さんの心と体が戦ってはいけません。心と体の戦いを終えることは私自身を苦労の道に追いやること、そして神様の愛を獲得する道以外はありません」。


2011 年11 月15 日
題目: 真の父母様特別指示「氏族的メシヤ活動強化」の案内
ご聖恩感謝申し上げます.真の父母様は天暦10 月7日(陽.11 月2 日)、氏族復帰に対して「2013 年の起源節(基元節)まで、全ての統一家の食口達は氏族復帰のために、伝道に専念しなさい。」という特別指示をされました。ここに現場での氏族的メシヤ活動強化のために下記のように案内しますので,真の父母様のみ旨に従い最善を尽くして、全食口がより一層強化して活動されますようお願いします。
                      -記-
※真の父母様 指示事項
(1)伝道対象:親族・氏族、および知人・友人、平和大使など
(2)活動期間:2013 年 天一国起源節(基元節)まで
(3)活動方法:伝道対象者を伝道・教育し、祝福を受けさせ、3日行事を完了するようにして、食口化する。

きょうは、天暦11月3日でD-Day迄452日を残してあります。圓母平愛摂理の再延長摂理期間もあと僅か、4日となりました。今日は、「本文のみ言とご父母様の特別支持事項」を中心として、「天が探しておられる勝利者!」はどういう人なのか、天は勝利者を待っておられるという意味で申し上げようかと思います。結論から申しますと、真のご父母様が全ての面で完全に勝利されましたので、勝利された真の父母・絶対主体者は、勝利した息子・娘、勝利した対象者の姿が見たい、相手にしたいということであります。

ここで言う勝利者というのは、サタンの偽りの血統・愛から抜け出し、神の血統に戻り、神様から完全主管され、神の御心どおりに生きて行くことを意味します。

原理講論から申しますと、3大祝福の勝利者をいうことなのです。
第一は、第一祝福である、個性完成の勝利者を言うことなのです。心と体が一つになること
第二は、第二祝福である、家庭完成の勝利者を言い、夫婦が神様・ご父母様のみ言と心情と一つになること
第三は、第三祝福である、万物世界に対する人間の主管性完成、即ち、神の真の愛で万物に対する主管性を確保・完成することです。

もっと細かく考えると、個人的次元での勝利、家庭的次元での勝利、氏族的次元での勝利、民族的次元での勝利、国家的次元での勝利の五段階での勝利と言えるかと思います。

第一、 個人的な面での勝利は、私が神様のみ言と一つになり、神様の心情を中心として生活することなのです。原理的には、神様と三位一体をなし、神様を中心として四位基台をなし繁殖、即ち、長子圏復帰(認められる)、伝道すること、3人の私を守る霊の子を立てることです。

第二、 家庭的な面での勝利は、家庭的な四位基台を立てること、即ち、3人以上の子を授かることです。ここには、夫婦が神様の真の愛で一つになることです。信頼、尊敬し合うことのできる夫婦になることです。先ずは、お互いを愛せることです。人類歴史の中で、妻を愛した勝利者は真のお父様です。み言を読むと、お父様はお母様を御祖父さんの愛で投入してこられました。しかし、逆に御祖母さんの愛から、孫息子に愛を注ぐような場合もあるでしょう。夫復帰、子女復帰が含まれます。

第三、 氏族的な面での勝利は、親、兄弟、氏族を祝福に導いて、私の家庭が氏族のメシヤ、氏族の中で真の父母の位置に立つことです。氏族メシヤ勝利のためには、私の夫婦と家族が素晴らしく見えなければなりません。子供教育の面である程度の証が立たねばならないと思います。ヤゴブは21年もかかって兄アサウを屈服させることができたのです。しかし、家族の心情関係によって、兄弟や親を早く復帰できる場合もあります。いずれにせよ、夫婦が氏族のために祈り、お手紙を出し、自叙伝を送り、愛を尽くして行くしかありません。
    そして、清平先祖解怨・祝福も何としても、210代まで完了しなければなりません。お父様の天命だからです。経済面の問題があるでしょうが、祈り求めて行くしかありません。

第四、 民族的な面での勝利は、教会が勝利することで例えることができます。氏族メシヤの連合体が教会だからです。教会がその民族社会に、影響力を及ぼすことができることを意味します。これは、先ずは教会の食口の内的な復興と数の成長・発展を言えます。即ち、在籍・礼拝人数・イベント参加の人数を増加、そういう中で、良い背景を持つ人が繋がり、社会的影響力のある人物が復帰されてくるのです。様々なイベントは、そういう人を繋げることが重要な意味合いです。

第五、 国家的な面での勝利とは、その国が神の国、真のご父母様を歓迎する国、真の父母様のみ言と理念に基づいて、政治・経済・教育活動などを行う国になり、国家指導者が真の父母様・父母UNの主管を受ける国になることを意味します。国家復帰は上部からと下からの両面の取組があると思います。例えば、リトルエンゼルスの公演は国を超えた国家イベントなのです。そこには、国家的な後援部署が立ってメディアを通して動かされて行きます。そこには国家的な人物が繋がります。これは、統一教の強い点だと思います。軍隊で言うならば、空軍の役割です。しかし、最後に高地を占領するのは陸軍の歩兵なので、草の根である食口基盤は必須不可欠なことです。国家社会に何らかの影響を及ぼすためには、一貫した国民運動や同じイメージを発信し続けることが重要と思います。しかし、これは家庭がその根になります。

例えば、ある学校でとっても礼儀正しい性格のいい優秀な子がいて先生がとっても気にいて、「ああー!あの子の親は、どういう人だろう!素晴らしいな!内の学校のメデルとする子だ!そ   の子の親の家庭教育や、学校生活の姿勢を学び、生徒指導のモデルにしよう!」とすれば、その子によって、学校社会、区・都・教育委員会などまで自然と影響力が広がって行くのです。

   例え、同じ町内会に国家を動かす人物が住んでいるとすれば、ある祝福家庭が素晴らしい証が立つ家庭がいれば、その家庭の話がその人物の耳に入って、良き参考にしようとする可能性も出てくるのです。

結論的には、氏族メシヤの勝利者、勝利した母国!
大教材教本の相続・勝利者(天福函勝利者)になることです。氏族には血統圏と知人・友人圏があります。伝道は一言で「生き方だ」思います。私が、毎日、どのようにきているのかが、決めることだと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/11/29 20:00 ] 礼拝説教 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seijoch.blog34.fc2.com/tb.php/153-442089cd









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。