スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

統一教会は誰を信ずるのか?

統一教会では、誰を信ずるのか?それは、言うまでもなく、神様である。
今まで一部、理解足りない層では、「文鮮明教祖!神格化云々」と話しも多かったが、誤解である。
何故かというと、文鮮明先生も神様に祈っておられるからだ

我々、統一教会の信者は文鮮明先生を尊敬している。
尊敬の密度の差によって、崇拝する人もいるか知れない。それは、その信者さん個人の自由である。
重要なことは、文鮮明先生が「人間が神様に出会う道を教えて下さる」ことと、
神様の本質が何かを詳しく解明してくださり、我々はそこに近づこうとしていることである。

文鮮明先生が解明される、神様の本質は真の愛である。

真の愛とは、従来の仏教の慈悲、キリスト教のアガペ的な愛を遥か超えた愛である。

どの宗教の教えを信じるかが重要と言えない。

宗教は、場合によっては人類社会に害悪をもたらしたからである。
宗教が標榜する、その教えの核心をどれ位おこなったかが重要である。

文鮮明先生は、イエス様のように、恩讐を愛してこられた。
我々は、この恩讐愛への実践と言う面で、文先生はイエスと同じ、
場合よってはそれ以上の愛を実践してきた方だと思っている。

多くの人に、お聞きしてみたい。「貴方が考える神様はどういう方ですか?」と。
神を論ずる前に、「神への定義の共感帯」がなさらねばならない。

我々、統一教会の信者たちは、神様の愛のような人類愛・民族・宗教・国を超えた愛を実践しておられる文鮮明先生を尊敬しており、我々も多くの人々を真に愛する道を行きたい群れである。
                                      -成城教会長拝-



ランキングに参加中!
  One Click!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/10/06 09:25 ] 統一教会の紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seijoch.blog34.fc2.com/tb.php/33-3185fc76









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。