スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

11/15、成城教会礼拝、「拉致監禁から解放のための礼拝」

成城教会の、本日の礼拝は、「拉致監禁からの解放のための礼拝」として捧げました。

1部で、文仁進アメリカ総会長の、8月20日、米国ニューヨークマンハタンセンターでの説教視聴、2部で、本部から送られた、「拉致監禁の被害と実態、奪われた信教の自由と蹂躙された人権」のPPTをしました。最近、67日間も監禁されたある姉妹が解放されました。

 そこに、岡山倉敷めぐみキリスト教会の高山正治牧師が関わっていると言われます。解放された、姉妹の話によりますと、「文国進という者が、私を職から下ろそうとしている」と言われたそうです。一部キリスト教牧師、反対弁護士、ジャーナルリストの目的は、「統一協会を潰すところにあります。「統一協会を崩壊させる方法は、世論を高め、彼らが日本社会に居られなくすることである」という(浅見定雄著:統一協会224P)戦略に基づき、今まで統一教会潰し戦略に取り組んできました。

今、日本社会に統一教会の名前を挙げると、まるで「悪の代名詞」のように捉えます。彼らの戦略が実現してきているかもしれません。共産主義には「目的のためにはどういう手段も正当化する」属性があります。筆者も87年、88年頃に韓国の運動圏(左翼)と闘って来ましたが、ある集会で原研が打たれたのに、彼らが打たれたように彼らの宣伝チラシに印刷し、光州市内に配りました。驚きの場面だったのです。グーグル検索で、「統一教会の説教」を検索して見ても、1998年の埼玉のある教会での、映像が沢山出てきます。何故、同じものを何件でも挙げているのか、それには、「統一教会の(悪い)イメージを世論にどんどん訴えて、居られなくするという目的」があるからです。こういう情報を上げた者たちは早く削除させるべきです。時代が変わったからです。

拉致監禁のもっとも大きな弊害は、「親しい親・兄弟から拉致監禁された」という点です。尊敬し、信じた家族から、拉致監禁されると、人間関係の根本である、親子の絆が根本的に揺れてしまい、張本人は精神的に人間に対する信頼感を失ってしまいます。根本的な人間不信を作ってしまい、善良な食口を一生、不安・精神的な苦痛に追いやってしまうということであります。故に、これが大きな悪質的な罪になる訳です。

最近の摂理の近況をお伝えします。11月11日に、韓国世界日報の新社屋、完工奉献式がありました。そこに、お父様も参加され祝辞を下さいました。その場には、ハンナラ党の最高委員の一人である、宋クァンホ議員が参加し、祝辞を述べたそうですが、同日の夜11時頃に、世界日報の社長に電話してきて、「今日、文鮮明先生のみ言を最後まで聞けなくて、惜しかった。録音されたみ言があれば、もらいたい」と言われたそうです。今、韓国社会での統一教会に対する認識の変化は、一言で「暗闇がなくなり、光明が訪れている」ということです。政治家達も、以前は統一教会に関わると損するという雰囲気でしたが、今は、少しでも近寄って縁を結びたがる政治家も多いということです。

ソロカーバサッカーチームの金興泰団長の天正宮での報告によりますと、11月5日の北朝鮮平壌の
「金日成競技場」での、北朝鮮国家代表チームとの競技の時には、中に10万人、外に3万人の観衆が集まり、驚くことに「ソロカーバ!ソロカーバ!」を連発しながら、応援してくれたそうです。北朝鮮の住民たちが、文鮮明先生が運営するチームであることで、そういう応援をしてくれたそうです。FIFA本部も、北朝鮮での親善競技に驚かれ、FIFAもできないことを、統一グループのサッカーチームが成し遂げたと認める雰囲気だそうです

南米大陸会長を勤められた、趙ジョウシュン先生の感想によると、お父様はサッカー選手を選ぶ時の、見方まで詳しく指導されたそうです。将来は、円球ピースカップ大会の方向にいかれるそうです。

昨日の、世田谷教会での「S会長を迎えての原理復興会」もありましたが、韓国語の重要性です。
ハングルは、神様が朝鮮時代4代目の「世宗大王」の時に、多くの学者たちに啓示として下さった、天国語であるということです。理想家庭は最高の愛・倫理・道徳を誇る家庭でしょう。韓国語には、年長者へ、年下に、目上の方に、目下の人に、祖父母に、親に、兄弟同士に使う言葉の、尊対語、平語等の分け方の位格がはっきりしています。ハングルには、多くの形容詞があります。43億の発音ができるということです。故に、韓国語勉強に、心かけましょう!

次は、韓流の大河ドラマを見るのも、韓国の家庭文化を学ぶ、良い材料にもなるでしょう。

日本語は、細かい合成語が多いです。技術の世界は細かいです。言語が細かいので、考えも細かいのであり、そういうのが技術世界にも現れるものだと思います。こういう理由か、日本の技術力は世界一といっても違いないでしょう!

しかし、反面、家族や人間関係中での情の世界は、非常に薄い所が多いと思います。親子の情の薄さは日本の裏の事情でしょう。情の啓発は、歌をよく聞いたり、歌うことです。御父母様は、色んな集いの場でよく歌を歌わせます。歌は、心(情)の世界を現すものです。情が豊かな人、情が深い人が、人を引っ張り、成功できる時代と思います。是非、歌を好きに、近くにして下さいますよう、お願いします。

最後に申し上げたいのは、何を持って統一教会、真の御父母様、神様を証すのかということです。聖書に、主イエスは「私を見たものは神を見たものである」と仰います。神の愛と真理の実体であられ、真の御父母様も愛と真理の本体であられます。結局、伝える私たちの心に、真の愛が溢れ、人に喜びと笑顔で、誰かに伝えた時に、喜んで受け入れてくれることができるようにするのが、UC証しの基本であります。

こういう私が、常に環境を綺麗に整理整頓しながら、もっとも志高く、向上心をもって、明るく元気に、人に元気をつけて上げれる歩みをしていけば、我々は、人生の勝利者、信仰の勝利者になっていくでしょう!!
                                           -成城教会長拝-



ランキング参加中!
  One Click!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/11/15 15:52 ] 礼拝説教 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seijoch.blog34.fc2.com/tb.php/58-0b1a8dad









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。