スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

成城統一教会の礼拝説教、「有終の美を飾ろう!」

2009年12月6日、聖日礼拝 「有終の美を飾る12月としよう!」

1.本文:文鮮明師の天聖経「罪と蕩減復帰」

「心の感動が爆発して私を刺激することを感じれば、彼は既に天国の内に生きている人です。」(1204P)

「男性として最高の位置に上がり、女性として最高の位置に上がったという条件を立てて初めて父母の位置に上がるのであり、ただ上がっていくのではありません。内的蕩減条件、これを確実にしなければなりません。」(1270P)

「復帰のためには、人がどんな干渉をしたとしても、自分自身の確固とした主体性をもって進まなければなりません。人がどんな道を行こうと、私の行く道は忙しいのです。横からどんなことを言われても、そこに神経を遣っている暇はありません。夜寝る時間がありません。落ち着いて、楽に座って食事をする余裕もありません。そのような切迫した心情を持たなければ復帰の道を行くことはできません。」(1270P)

「それゆえ宗教は迫害の道を行くのです。涙と血を流さなければなりません。一番高いところに上がってはならないのです。日陰にいなければならないのです。そこが安全地帯です。サタンは驕慢なので、困難なところを嫌います。それゆえ、最も悲惨なところが安全地帯なのです。・・・
 統一教会の責任者となる前に、その国の僕にならなければなりません。そうしなければ解放の道がありません。僕の僕になり、養子の扱いを受けなければなりません。」(1277P)

「皆さんは、神様と真の父母を見せてあげなければなりません。皆さんが神様と真の父母を見せる証しの実体になりさえすれば、すべて解放されるようになるのです。」(1285P)

「蕩減がなければ福もありません。統一教会において無限な黄金の塊とは何かと言えば、蕩減です。蕩減は死を押し切って、すべてを犠牲にし、すべての困難を克服することができる驚くべき単語です。」(1299P)

「復帰路程は一人で行くことができません。必ず再創造の原理を通し、神様と霊界の協助を受けて行かなければなりません。」(1301P)

「完成は蕩減完成を通して成されます。蕩減の峠を越えない人には、絶対に完成の道はありません。」(1301P)

「信仰基台というのは原理原則に立脚し、揺れない人、夜も昼も四季が変わっても青春時代や壮年時代、老年時代になってもそのまま変わらない立場で、神様の原理と一致させ得る信仰の基盤を立てなければならないのです。そうしてこそ、原理を通じた実体基台が成立するのです。」(1305P)

                                    -成城教会長拝-



ランキング参加中!
 One Click!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/12/06 17:21 ] 礼拝説教 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seijoch.blog34.fc2.com/tb.php/76-34eb6845









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。