スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お経を唱える各宗教の類似点!

この世には、数多くの本と教えがある。
歴史の中で、生き残ったのが古典であるし、
その古典の中でもっとも、価値あるのが仏教のお経、キリスト教の聖書、
儒教の四書三経などの、経典である。

ゆえに、各宗教では、この経典を真理といい、暗記する位に読み続けてきた。

経典を読むことによって無知から解放され、真理の世界へ導かれるのである。

仏教は般若心経などを熱心に読み上げる、すると先祖が供養される。
繰り返しで、呪文のように読み上げ続ける。
すると元気になる、家庭が良くなる、事業が良くなるなどの証しが多い。

キリスト教でも聖書を良く読む。聖書を沢山読むことによって、神の愛に接し、
道の力を得るのである。

儒教でも、昔は、孔子・孟子の教えの丸ごとに暗記させた。

統一教会でも、同じく、聖書や諸宗教の経典、原理講論、文師のみ言を訓読する。

このように、経典を朗読して、読むと邪心の世界が弱まり、
心が清くなり、本心の力が強くなるのである。各教祖の教えの根本である、
慈悲・仁・愛の世界に近づくようになる。

このように宗教は皆、共通している面が多い。宗教人同士に協力し合うことが必要な時である。

-成城教会長拝-




スポンサーサイト
[ 2009/05/15 14:48 ] 宗教間の和合 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seijoch.blog34.fc2.com/tb.php/9-14db52c0









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。