スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

成城統一教会礼拝説教 「勝利権相続-祈祷と忠孝」

今日は、2月14日旧暦のお正月です。天地人真の御父母様は今日から、陰暦を中心とした天暦を始めて行くと宣布されました。歴史的な一日です。

「本文のみ言」
(1)天聖経 『礼節と儀式』第4章祝福家庭の伝統と生活礼節、信仰生活で模範となる家庭」 (P1154)
・ 祈祷をすれば必ず成されます。祈祷をすることによって力を受けます。祈祷をすることによって、これからこの問題がどうなっていくかという展望をみな教えられるのです。「このことはこうして、このことはこうするのだ」と教えられるのです。それを知ってこそ大きなことができるのです。祈祷によってのみ、その道を開拓することができるのです。祈祷がご飯を食べることより重要だということを知らなければなりません。

・ 私たちが行かなければならない道は、いずれにしても、かき分けて行かなければならない道です。それが、私たちの力のみでは不可能なことを、生活するほど感じるようになります。ですから、信仰者は、祈祷をしなければならないということを知らなければなりません。

・ 祈祷しなさい。祈祷は心情の補給倉庫です。時間がなければしていることを通してでも祈祷できなければなりません。

・ 洗濯しながらも、道を歩きながらも祈祷をしなければなりません。倉庫にどんどん積まなければならないのです。空けておいてはいけません。

・ 常に祈祷する生活をしなければ、み旨の道を行くことができません。皆さんは生活化するにおいてお金のことを考えるのではなく、み旨をまず考えなければなりません。

(2)天聖経、『真の孝の生活』第4章 神様に対する忠孝(P2317)
・ 神様のために忠誠を尽くすことにおいては、一歩も譲歩できないという信念をもたなければならないというのです。どのような人、どのような忠臣、誰よりも私がより一歩、わずかでも先んじなければなりません。地上で生きていった霊人たち、地上で一生懸命に仕事をしていった霊人たち以上に、その人々が国のために忠誠を尽くして、すべての公的な仕事に一生懸命に働いたそれ以上に実践しなければならないというのです。僅かでも多くしなければなりません。鉄則がそうなのです。

                                    -成城教会長 拝-


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/02/18 09:29 ] 礼拝説教 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seijoch.blog34.fc2.com/tb.php/92-eba8f8a9









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。